旅と生活 くも舎

3333

 

くも舎(くもしゃ)

旅と生活をテーマにした、皮革木工品を制作しています。

 

【名前の由来】
くも舎は、
いつも形を変えながら
いつも美しい姿で
大空にぽっかり浮かぶ自由な雲のように
との思いを込めて名付けました。

 

【くも舎のコンセプト】
くも舎は旅と生活をテーマとして
下記3つのポリシーを意識して制作しています。

ずっと使える
丈夫なつくりで壊れない
壊れたら簡単に治せる
何十年もずっと使えるものづくり

素材を活かす
金具や樹脂は極力使用しない
天然素材の革と糸などの
素材の性質をうまく活かすものづくり

育てる愉しみ
使うほどに人それぞれの味が出る
どんどん愛着が湧いてくる
世話をして育てて愉しめるものづくり

 

【くも舎の歩み】
2014年 くも舎設立
2014年 Makers’Baseでのワークショップ講師
2015年 下谷toco.『トコ展』ワークショップ講師
2016年 TOMS(トムス)コラボレーションワークショップ講師
 

【くも舎のヒト】
代表/石原てつや
1975年(昭和50年)生まれ。2児の父。
趣味は愛車フィアットパンダの整備とドライブ。古いカメラ収集と撮影など。

様々な仕事を経験
20世紀末の就職氷河期に、東京下町の小さな印刷所で、元活字職人さんや写植職人さんにどっぷりと、仕事の基本や技術を叩き込まれる。2000年くらいからウェブサイトのデザインなども並行して沢山手がける。その後、木工所で働いたり、ウェブ、グラフィック、企業の広報PRをやったり、ネットショッピングの運営、ニュースサイトの編集長をしたり、色々と貴重な経験を積む。気がつくと営業、広報、制作、販売、顧客対応などを一人で出来るように。

独立
2014年、40歳になる前に独立を決意。レザークラフトの先生をやっていた母の道具を全部受け継いで、皮革木工で独立することにする。独立するにあたって長年の都内勤めを辞め、埼玉県北部にあった築40年のボロボロの一戸建ての家を無償で借り、そこを製作所として店舗を持たない「くも舎」をスタート。

 


左は私の人生初?小学6年生の時に制作したレザークラフト作品『将棋の駒』。右は高校2年生の時に制作したレザークラフト作品でラケットケースの『肩当て』です。
当時母からヌメ革の端切れをもらって、制作したものです。革というのは本当に大したもので、ケアなど全くしていなくても未だに現役で使用できます。

 

Facebook https://www.facebook.com/tetsuya.ishihara.megane

2代目pandagraphyブログ(2011年9月~)
Instagram http://instagram.com/fiatrustica

初代pandagraphyブログ(2005年10月~2013年3月)
http://ameblo.jp/pandagraphy/

 

【くも舎概要】
業務内容/皮革布木工制作
営業時間/9:00~17:00
製作所/〒369-0111 埼玉県鴻巣市新宿一丁目百八十一番地二
※ネット販売のみで、お店はありませんので来訪はご遠慮ください。

ネットショップ/http://shop.kumosha.com/
E-mail/info@kumosha.com
お問合せフォーム

Facebookページ
https://www.facebook.com/kumoshacom

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA