工具スタンドを自作してみました

_1070296

レザークラフトって道具だらけ

レザーのお仕事をやるうえで必要不可欠なのが工具です。
測る、切る、開ける、貼る、削る、縫う、磨く
いろんな工程を経ていく間にそれぞれ工具が必要になってきます。かくいう私もお母さんから受け継いだ沢山の工具がありまして、その収納場所に困っていました。

特に多いのが打ち具系…

工具の中でも沢山あるのが棒状の打ち具ですね。打刻用の打ち具やら穴あけ用のうち具やら、ハトメやホックを付けるための打ち具やらです。
これらは頻繁に使うことが多いので、やはり仕舞い込まずに工具スタンドなどで立てておくとひと目で欲しい打ち具が見つかります。
そこで登場したのが簡易ボール盤です。これはかなり昔にドリルを購入した際についてきたオマケなのですが、なかなか使えるやつなんです。

_1070290

簡易ボール盤で穴をあければ簡単

ドリルをセットすると簡単にボール盤が完成します。引き金?と言うんでしょうか回したまま固定ができるので後は穴開けるだけ。垂直にすいすいと穴をあけていきます。
太い打ち具もありますので、Φ8㎜、Φ10㎜、Φ12㎜で、深さを変えながら穴をあけていきます。自分で使うものだから多少穴が揃ってなくてもよしとします。ちょうどΦ8㎜のヒノキの棒材がありますのでこれも使ってみましょう。で、完成いたしました。工具スタンドです。

_1070296

結構簡単ですので作ってみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA