ペンケースを作っています―革を洗う

page

いよいよペンケース制作へ

店頭販売用のペンケース制作に取り掛かり始めました。使用する革はヌメ革のプレーン。生成りの一番シンプルな革になります。植物性タンニンでゆっくりと鞣した綺麗なヌメ革にシワを付けていく加工を施します。シワを付けるには器具を使って細かいシワを付けたりしますが、今回は自然な風合いを出すために水洗いの加工をして手で一枚一枚揉んで行くことにしました。

_1500306

革に水はご法度?ですが、全体を濡らせばシミになりません。もともと革を作る過程でも水を大量に使うのですから。まず最初に水で豪快に洗いました。それを手でくしゃくしゃに揉みます。広げると何とも言えない表情が生まれます。このまま日陰で自然乾燥すれば今回作りたい革の準備が完了します。

_1500311_1

果たしてうまくいくでしょうか?楽しみ楽しみ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA