トートバッグの内ポケットをつくる

page

イメージは形にしないと分からない

早速トートバッグの内ポケットを作り始めます。リニューアル版の内ポケットはトートバッグの内面のカーブに沿った曲線の柔らかなポケットになる予定です。

_1540610
栃木レザーのキャメルを型に合わせて切り抜きます。

_1540612_1540618
白い麻のラミー糸でしっかりと丁寧に手縫いしていきます。

_1540644
縫い上がるとこのようにフンワリとしたポケットになります。ブックカバーを付けた文庫本もスムーズに入ります。

_1540651_1
さて、お次は内ポケットの蓋です。イメージでは背にある革を折り返して差し込む感じで考えていたのですが、これが試作してみると使いづらいのなんの…はっきり言って納得の出来ないものでした。革の弾力性をちょっと甘く見ていたかもしれません。『つくりはシンプルに、機能は十分に』という、私の愛車フィアットパンダのデザインに流れるポリシーを、いかにしてトートバッグに活かすか。金具を使用せずに使いやすい蓋を作るか…と考えました。

_1540653_1
これがベストの方法でした。

_1540669_1
内ポケットを吊るすための帯が、そのまま蓋にもなる。蓋も革の弾力性を活かしてポケットをしっかり閉める。蓋を使用しない人は内側にしまう。シンプルなつくりなのに、機能が盛りだくさん。まさにこれです!

_1540665_1
試しに別のトートバッグで試してみましょう。これは蓋をポケットの内側に入れて使っている場合。

_1540668_1
これは蓋を外に出してポケットの口を閉めた場合。

これで行きましょう!どうやら納得の行く内ポケットが完成したようです。
明日はいよいよトートバッグ本体の制作にかかります。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA