トートバッグ(並)をつくる

page

(並)シリーズ。ということで…

先日から試作をしていた道具袋。床革を使っていることですし、磨きもせず切りっぱなしのコバ(切断面)や、持ち手や強度の必要なところは手縫いをしていますが、袋自体はミシン縫いなど、まさに業務用ということで、通常のくも舎のラインとは別の(並)シリーズということにしました。自ずとネーミングはトートバッグ(並)です。
試作を経て最終的に仕様が固まりましたので、早速ご希望のあったIさんのトートバッグ(並)を作成させていただきました。

_1550668-001
Iさんのご希望は、持ち手とステッチを黒に。厚みのある栃木レザーのオイルヌメ黒をベルト状にカットして、表裏逆に縫い付けることにします。こうすることで本体と同じ起毛した面が表に来ますので統一感が出ます。ぱっと見てフェルトのような不思議な質感です。

_1550671
持ち手には内ポケットを付け足します。くも舎のタグはこちらに付きます。持ち手の付け根は黒のラミー糸で手縫いしています。

_1550725_1
表から見るとこんな感じになります。

_1550718_1-001
本体は特大サイズの床革を一枚革で使用しています。

_1550735-001
大変柔らかいトートですので中に入れる物によって形を変えられます。また、華奢に見えてもとっても丈夫です。

_1550745_1-001
持ち手は生成りのヌメ革ですが、こんなかんじにクルリと丸めて収納することも可能です。
Iさん大変お待たせしました。年内に完成してホッとしてます。
販売は来年になるかもしれませんが…

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA