耳付きかばんをつくる―今何してる150106

page

キャメルの栃木レザーから

今日はKさんからご依頼の耳付きかばんを作り始めました。ご希望はキャメルの栃木レザーに白のラミー糸でのステッチ。早速始めましょう。

_1550780_1
半裁(一頭の半分)の栃木レザーを革包丁でカットします。

_1550792_1
新年に研いだばかりの革包丁は切れ味抜群。サクサクと行きましょう。

_1550783
背のほうからはベルトを切り出しておきます。長さは1メートル。

_1550800_1
すべてのパーツを切り出してからオイルを塗布しておきます。これは制作する途中で起こりうるひっかき傷や汚れ、シミを防ぐためにやっておきます。

_1550803_1
パーツの切り出し完了しました。

_1550807_1550817_1_1550811_1
縫い上げる前にパーツのコバ(革の切断面)を一つ一つ磨き上げておきます。まずは角を落としてから、いつものヘチマとワックスでの磨きを繰り返します。小さなパーツも手を抜かずに磨きます。

_1550819_1
縫い目をあけて、くも舎の刻印を打刻して今日は終了。明日は縫い付けと仕上げをしたいと思います。

 

 

この商品はご購入いただけます

product

耳付きかばん

最上級のオイルドレザーを使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついていますので、長いベルトをつければショルダーバッグに、短いベルトをつければハンドバッグにもなります。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA