耳つきカバンをつくる2

page

昨日のつづきから

今日はKさんご依頼の耳つきカバンつづきからです。が、今日は午前中どうしても外出しなければならない用事があり、半日つぶれてしまいました。帰ってきてから急いで仕事開始です。

_1550820_1
カバンの側面から作っていきます。まずは耳になるパーツを縫って…

_1550822_1
くるりと回して縫えば耳になります。とても単純なつくりですよね(笑)でも機能的には全く問題なしです。

_1550828_1
こんな小さいパーツも作っておきます。このサイズの真鍮のギボシはあまり手に入らず苦労しました…が、沢山仕入れられました。

_1550826_1
それらのパーツを一つ一つ、カバンの本体になるパーツに縫い付けていきます。

_1550832_1
縫い付け完了しました。だんだんと日が傾いているのでとても焦ります…

いよいよ立体的な手縫いを開始

_1550833_1
本体のパーツ類がくっつけば、カバンの側面と本体を立体的に縫い付けていきます。これって、ミシンで縫う人いるんでしょうかね…

_1550841_1
両側ともに縫い付け完了です!だんだんとカバンらしくなってきました。縫いあげてふと外を見れば、あっという間に暗くなってしまいました。本当に日没が早いですね~。暗くて写真を撮るのも一苦労です。

_1550845_1
縫い合わせたコバ(切断面)を革包丁で整えておきます。明日、カバンのカブセを付ける前に磨きの作業をしようと思います。

思わぬタイムロスで本日終わりませんでした。明日こそ完成!

 

 

この商品はご購入いただけます

product

耳付きかばん

最上級のオイルドレザーを使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついていますので、長いベルトをつければショルダーバッグに、短いベルトをつければハンドバッグにもなります。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA