耳つきカバンをつくる―今何してる150302

page

キャメルの耳つきカバンをつくる

昨日、今日とSさんからご依頼いただいた、耳つきカバンベルト付きをつくらせていただきました。
_1570492_1
栃木レザーのキャメルを型紙にそって革包丁で切り抜きます。日本のタンナーさんを応援したいので使用していますが、栃木レザーはお世辞抜きで良い革です。そして本当にいい香りです。

_1570506_1_1570516_1
切り抜いた本体の各パーツのコバ(切断面)をヘチマで磨き上げておきます。とても小さいパーツですが、手を抜かず3度磨きします。

_1570511_1
まずはサイドの耳を付けましょう。赤のラミー糸で縫い付けていきます。キャメルに赤糸の組み合わせになります。

_1570514_1
本体の穴あけと、くも舎の刻印などをして行きます。徐々にパーツが揃ってきました。

_1570533_1
本体前面に小さなベルトループを縫いつけます。正面のメインベルトがここに入ります。

_1570577_1
いよいよ本体と側面を縫い付けていきます。大変厚みのある革を使用しており、立体的に手縫いしていくとウマが使えなくなってきます。

_1570581_1
そうするとウマから外して左手の指でギュッとはさみながら手縫いしていきます。かなりの力が必要です。

_1570584_1
本体が縫い上がりました。次はかぶせの蓋を縫い付けましょう…。一気に縫い上がりました。

_1570587_1
_1570598_1
_1570606_1
キャメル×赤糸の耳つきカバンが完成です!Sさんご依頼頂きましてありがとうございました。

 

 

この商品はご購入いただけます

product

耳付きかばん

最上級のオイルドレザーを使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついていますので、長いベルトをつければショルダーバッグに、短いベルトをつければハンドバッグにもなります。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA