フィアットパンダキーレスカバーをつくる

page

紺と赤のキーレスカバー

昨日は午後からMさんからご依頼のフィアットパンダキーレスカバーをお作りしました。実はその日、午前中にちょっとした用事がありまして、利根川を挟んだ群馬の方に行ってきました。
IMG_6565_1
利根大堰の土手にて舎用車のフィアットパンダを泊めて休憩です。天気もよく、気持ちのよい風景でした。

さて、用事が終わりまして早速作業にとりかかりました。

_1580175_1
まずは紺色の栃木レザーを型紙にそって切り抜きます。革包丁は研ぎたてで、切れ味抜群です。

_1580176_1
切り取った後、目打ちで手縫い用の穴と、ボタン用の穴を開けまして、Mさんご希望の赤のラミー糸でしっかり手縫いしていきます。

_1580181_1_1580184_1_1580187_1
手縫いが終わりましたら、コバ(切断面)を整えて、角を落としての磨き作業。そして実際にリモコンが入るように革を押し広げます。

_1580191_2
_1580193_1_1
紺×赤×金のキーレスカバーが完成いたしました。

 

 

この商品はご購入いただけます

パンダキーレス

フィアットパンダキーレスカバー

2代目フィアットパンダやムルティプラのキーレスリモコンは、経年劣化が激しくてリング部分が折れたり、色が剥げてしまったり困った事になってしまいます。このパンダキーレスカバーはそういった問題を解消するために生まれました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA