ヌメ革のトートバッグパーツが完成しました―今何してる150331

page

トートバッグ続きです

今日はMさんのトートバッグ制作の続きです。ご希望のフタ付き2ポケットと、ハンカチーフホルダー、ドリンクホルダーをお作りしました。

 

キャメルの栃木レザーを切り出しまして、パーツ類つくりましょう。切り出したら、これからの作業のために薄くオイル塗布をしておきます。これにより作業中のシミなどを防止します。

 

フタ付き2ポケットのフタをつくります。パーツの真ん中に丸く穴を開けまして、それから切れ込みを入れます。その後真ん中にくも舎の刻印を打ち込みます。緊張の一瞬。綺麗にうてました!

 

ドリンクホルダーもピカピカにコバ(切断面)を磨きます。ワックスとヘチマ、そして紙やすりでの削りを繰り返してご覧のとおりピカピカに磨きます。

 

ハンカチーフホルダーは『×』の切れ込みを入れます。こちらも目見当で切りますので緊張します。こちらも気持よく綺麗にカット出来ました。

 

細かいパーツすべてのコバ(切断面)磨きが終わったら、いよいよ内ポケット。内ポケットの仕切りはフレキシブルにできています。その特徴的な構造はこんな感じでつくっています。内側にものを入れるときに引っかかりの無いようにクロスステッチは木槌で叩いて革に埋め込みます。

_1580331
内ポケットの裏側はこんな感じになります。トートバッグを組み上げてしまうと実際は目に見えない部分になりますが…

_1580342_1
なんだか外が暗くなってきました。かろうじてパーツ類完成しました。急いで撮影。ちょっとボケてますね。
ということで、照明を付けて再度撮影しました。

_1580336_1
ディテールはご覧頂けると思います。さあ、残すところは本体。後もう少しです。

 

 

この商品はご購入いただけます

kumosha_product

トートバッグ弐型

くも舎のトートバッグがより洗練されてリニューアルされました。厚手の栃木レザー一枚革と麻糸だけを手縫いでつくったシンプルで可愛らしいトートバッグです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA