ワラーチ製作中です

page

ただいま鋭意製作中!

GW明けから急ピッチでワラーチの制作をしております。なかなかブログを更新する時間もなく申し訳ありません。

_1590640_1
特厚の床ベロア革に足の型紙を書き写して手作業で切り抜いていきます。これが本当に厚くて大変な作業です。

_1590651_1
切り抜いたサンダルの本体に、鼻緒と紐を通す穴を開けて貼りあわせていきます。徐々にサンダルらしく成って来ました。

_1590654_1_1590657_1
ある程度形を整えたらコバ(切断面)の角を面取りしてから、ヤスリで滑らかにしながら起毛させていきます。粉が大量に発生して埃っぽくなります…

_1590661_1
表面を起毛させると、毛並みが柔らかく、肌に優しい風合いになります。ここでくも舎のロゴを刻印しておきます。まあ、履くと消えてしまうんですけどね。

_1590650_1
_1590665_1
今回新しく扱う牛革紐をあわせて行きます。空色がやはりダントツの人気です。

ということでご注文分はコツコツと制作しております。なるべく早くお届け出来るよう制作に専念して頑張りたいと思います。

 

 

kumosha_product

歩くためのサンダル。ワラーチ3

メキシコ山岳部のタラウマラ族は古タイヤと革ひもだけで作ったサンダル、ワラーチで山道を何時間も走り続ける『走る民族』だそうです。
新しくなったくも舎のワラーチは、特厚革をベースに、足をしっかりホールドする、手揉みで柔らかくしたカラフルな牛革紐を組み合わせて、更に歩きやすくなりました。ワラーチを履いて大地を足の裏で感じてみましょう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA