耳つきカバンをつくり始めました―今何してる150601

page

革の感触

本日はAさんからご依頼の耳つきカバンの制作にとりかかりました。耳つきカバンとは、長財布と携帯電話などがすっぽり入るシンプルで横長のショルダーバッグです。ショルダーのベルトを引っかける部分が、耳のような形なのでそのように名づけたカバンです。

_1590927
Aさんのご希望は栃木レザーのキャメル。それに真っ白なラミー糸をステッチしていく予定です。ここの所ワラーチなどでベロア地ばかり扱っていましたので、栃木レザーの綺麗なヌメ革を扱うのがちょっと新鮮です。ストックしてあるレザーを広げて型紙をあてがい、綺麗な革の部分を切り出していきます。もちろん、いかに綺麗な革といえども、天然の素材ですから、部位によって質感が変わっていきます。

_1590931
すべてのパーツを切り出しましたら、最初にくも舎のロゴを打刻します。いきなりヘマをしないよう用心しながら打ち込みます。上手く行きました。

_1590938
耳つきカバン、最初に手を付けるところはまさに『耳』です。耳のパーツは細長いベルトですが、こちらも丁寧にコバ(切断面)を磨きこんでいきます。革包丁でカットしたスパッとした革の断面が丸みと艶を帯びていきます。

_1590945
先ほど磨いたベルトを耳つきカバンの側面パーツに縫い付けました。手縫いはやはり良いですね…キュッと引き絞る感触がたまりません。
側面のパーツと、本体になる部分のパーツに手縫いのための目打ちをして本日は終了です。明日は本体縫い付けとかぶせ蓋の縫い付けなど、どんどん進みます。

 

 

この商品はご購入いただけます

product

耳付きかばん

最上級のオイルドレザーを使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついていますので、長いベルトをつければショルダーバッグに、短いベルトをつければハンドバッグにもなります。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA