緑のヌメ革でカードケースを作っています

page

今日はOさんからご依頼のカードケース制作開始しました。
なんと商品化したばかりのカードケースの第一号です!

緑の栃木レザー


ご希望は緑の栃木レザーですので、
早速パーツごとに革を切り出してから、
細かい部分を整えていきます。
最初にロゴマークの打刻も忘れずにしておきます。

1-_1620905_1
作業前に蜜蝋クリームを革の表面に薄く塗布しておきます。
作業中の染み、汚れ、傷から革を守ります。
塗った直後は革の色が濃くなりますが、
30分ほど経つと、オイルが革に浸透して元に戻ります。

1-_1620908_1
前回のコインケース同様、
縫い上げる前にコバ磨きしておきます。
薄いパーツはデスクの端を利用して
磨き→削り→磨き…を繰り返して滑らかにします。

1-_1620912_1
コバ磨きなどの下準備が終わったら、
手縫い用の目打ちをしておきます。
いよいよ手縫い開始です!

1-_1620921_1
今回ご指定いただいたのは、
黄色のラミー(苧麻)糸になります。
緑と黄の組合せって相性がいいんですよね~。

1-_1620922_1
縫い上がりまであともうすぐです。
使用中に力のかかる部分のステッチは
2重に縫い上げて補強してあります。

1-_1620926_1
カードケースが縫い上がりました!
当たり前ですが…革もステッチも新品です。

1-_1620930_1
縫い上がったら、コバ(革の断面)磨きの開始です。
切りっぱなしの革を磨いて丸く滑らかにしていく事で
製品のクオリティが上がります。
写真は革と革の段差を削って平らにしているところです。
このやり方、決して真似しないでくださいね。
一歩間違うと怪我をしますので。

と言うことで、今日はここまで。
明日はコバ(革の断面)の仕上げに入りたいと思います。

【くも舎】カードケース弐型
  【商品について】 くも舎のカードケース弐型は、小さくてシンプルなカードケースです。 広めのマチがあるので、かぶせ蓋を開くと沢山のカードが収納可能です。メインのポケット以外に二つサブポケット...

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA