黒いヌメ革の手縫いトートバッグをつくる

 

page

それでは再びイベント開催中の制作日記を追加しましょう。Мさんからご依頼のヌメ革のトートバッグ弐型小サイズになります。

初のバケッタレザーでつくるトートバッグ

今回初めて栃木レザー製のオイルバケッタの黒を使用してトートバッグをおつくりすることになりました。こちらがバケッタレザーです。いつも使用しているヌメ革と比べてオイルの量が多く、シボ(表面のシワ)が綺麗に入り、柔らかくてしなやかな革になります。
1-_1630227

 

まずは持手から制作開始です。背の部分から切り出したベルトを馬にセットして、丸めながら手縫いしていきます。
1-_1180314

 

縫い上がった持手はコバ(革の断面)を磨いて仕上げます。いつものことですが、何度も磨いては削りを繰り返して滑らかにしていきます。手が触れる部分ですので感触はとても大事だと思っています。
1-_1180316

 

それにしても柔らかい革です。本体の革に持手やパーツ類を縫い付けるのも少々大変なくらい、柔らかくて固定ができません。
1-_1180336

 

さあ、休憩なしでどんどん進めます。トートバッグの側面を縫い上げていきます。これまた革が柔らかくてなかなか難儀です。しかし、根気よく2重ステッチを施していきます。
1-_1180341

 

ついに完成!黒×灰のトートバッグ

写真をクリックすると大きく開きます。いやー。黒のトートバッグも良いもんですね~
kumosha's handstitched leather totebag02 small

 

 

 

この商品はご購入いただけます

kumosha_product

トートバッグ弐型

くも舎のトートバッグがより洗練されてリニューアルされました。厚手の栃木レザー一枚革と麻糸だけを手縫いでつくったシンプルで可愛らしいトートバッグです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA