二代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーをつくる

 

page

 

今日はひな祭りですね。暖かい春がやって来たような陽気です。花粉もものすごく飛んでいるらしいのですが…

さて、今日は2代目フィアットパンダのキーレスリモコン問題を解消する、リモコンカバーを2つおつくりしましたので、レポートします。

蛍光青×赤、紺×オレンジのキーレスカバーをつくる

今回は2種類のキーレスカバーをつくることになりまして、蛍光青、紺、オレンジの栃木レザーを準備して切り出していきます。
1-_1720118

 

一つは表裏共に蛍光青、もう一つは表が紺で裏がオレンジになります。ツートンカラーでのご注文でした。小さいパーツですが、きちんと目打ちしてボタンの部分には穴を開けます。
1-_1720119_1

 

蛍光青には赤いステッチ。紺×オレンジにはオレンジのステッチをそれぞれ施します。手縫いで丁寧に仕上げます。

 

縫い上がりました!
1-_1720130_1

 

縫い上がりましたら、コバ(革の断面)を革包丁で削って整えて、ヘリ落とし→やすり掛け→ヘチマ磨き→やすり掛け→ヘチマ磨き…と、やすりの番手を上げながら滑らかにしていきます。

 

2代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーが完成しました。画像をクリックすると大きく開きます。

 

この商品は購入いただけます

【雷くも舎】フィアットパンダキーレスカバー
2代目フィアットパンダのキーレスリモコンは、プラスチック製の華奢なつくりのため、長年の使用により割れたり塗装がはげたりと悩みの種です。そこでリモコンをそのまま包み込むキーレスカバーを作ってみました。これで安心してパン...

 

今何聴いてる?

今日作業中に聞いていたのは、先日も聴いていた キャノンボール・アダレイ の『Cannonball’s Bossa Nova』を聴きました。暖かくなってくるとボサノバが聴きたくなります。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA