ヌメ革の耳つきカバンをつくる

 

page

 

春らしい暖かい一日でしたが、夕方からなにやら雲行きが怪しくなりそうでしたので、早めに商品発送の手配をしておきました。最近の天気予報は良く当たりますね!ポツポツ来たと思ったら激しい雷雨になりました。

今日はОさんからご依頼の耳つきカバンの制作に取り掛からせていただきました。まずは栃木レザーのキャメルを型紙にあわせてカットしていきます。
1-_1720977_2

 

革包丁も研ぎたてで調子よく、サクサクと良く切れます。やっぱり気持ちが良いですね~。
1-_1720983_1

 

ベルト類が多いかばんです。耳つきカバンの名前の由来となった、耳のベルトのコバ(革の断面)磨きです。小さいパーツですが丁寧に磨きます。

 

耳つきカバンの側面のパーツに耳を縫い付けます。糸は白のラミー糸を選択しました。
1-_1720991_1

 

本体のパーツにくも舎のロゴを打刻して、全てのパーツにクリームを塗布します。作業中の思わぬ汚れや擦れから守るためです。と言う事で本日はここまでです。
1-_1720996_1

 

 

この商品は購入いただけます

【くも舎】耳つきカバン―ベルトつき
  【商品について】 くも舎の耳つきカバンは、最上級のヌメ革を使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついています...

 

今何聴いてる?

今日作業中に聞いていたのは、ジョイス の『Visions of Dawn』です。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA