ヌメ革のキャメルの耳つきカバンが完成しました

 

page

 

桜も咲いてきたようですね。今日は暖かくてべスパで桜でも見に行きたい陽気でしたが、溜まったお仕事を進めなければなりません。
と言う事で引き続き、Оさんの耳つきカバンを進めました。

前回までの経緯はこちら

ヌメ革の耳つきカバンをつくる
    春らしい暖かい一日でしたが、夕方からなにやら雲行きが怪しくなりそうでしたので、早めに商品発送の手配をしておきました。最近の天気予報は良く当たりますね!ポツポツ来たと思ったら激しい雷...

 

パーツのコバ(革の断面)をヤスリがけしています。最初は低い番手でざっくりと均して、ヘチマ磨きをした後、番手を上げながら、ヘチマ磨きを繰り返します。このコバ磨きは植物タンニン鞣しのヌメ革の楽しみの一つです。

 

小さいパーツもしっかりと磨き上げます。これらの小さなベルトは、それぞれ重要な役割があります。

 

かぶせ蓋に小さなパーツ類を縫い付けていきます。白いラミー糸がキャメルの革には良く合います。小さなパーツを縫い付けたら、かぶせ蓋の完成です。
1-_1730045_1
1-_1730048_1

 

次に本体部分の縫い付けです。ベースとなる革に側面の耳つき部分を立体的に縫い上げていきます。馬も架けられず、左手で常に保持しながらの手縫いは非常に手が疲れます。特に耳つきカバンは厚みのある革を使用しているため、特に押さえ込むのに力が要ります。
07-_1730017_1
08-_1730020_1

 

本体の磨き作業開始です。まずはコバを革包丁で平らに均します。怪我をしますので、このやり方はくれぐれもまねしないで下さい。コバの角をへり落としでシュルシュルとカットします。この後いつものコバ磨きが始まります。


1-_1730051_1

 

本体とかぶせ蓋のパーツを縫い合わせていきます。だんだんとカバンらしい形になってきました。
1-_1730053_1

 

耳つきカバンの完成です。


 

 

この商品は購入いただけます

【くも舎】耳つきカバン―ベルトつき
  【商品について】 くも舎の耳つきカバンは、最上級のヌメ革を使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついています...

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA