歩くための革サンダル。ワラーチ3をつくりました

 

page

 

またワラーチの季節がやってきました

昨日は強風。そして今日は突然の雨。と目まぐるしい天気です。いつもながら所用を済ませると猛烈な雨が降ったかと思えば、あっという間に止んでしまいました。まるでスコールみたいでしたね。舎用車のパンダは残念ながら防水性が弱く、強烈な雨は雨漏りの元になります。いつだったか。イベントで豪雨に見舞われた時は、足元が水浸しになってしまいました。

 

突然の雨

@fiatrusticaが投稿した写真 –

 

さて、今日は半年ぶりにワラーチ3の制作を開始いたしました。
使用するのは栃木レザーの生成りの床ベロア革です。足型を書き込んで大まかにカットします。
1-_1730556_1

 

鼻緒を取り付けて、ビブラム底を貼り付けて、足形に合わせて手作業でカットします。綺麗にくりぬけました。
1-_1730558_1

 

ヘリ落としで角を均してほぼ完成形になりました。

 

あとはヤスリがけして柔らかく起毛させれば本体は完成になります。
1-_1730570_1

 

それぞれに革紐を取り付けて、歩くためのサンダル。ワラーチの完成になります。
1-_1730573_1

 

 

この商品は購入いただけます。

【くも舎】歩くためのサンダル。ワラーチ3
  メキシコ山岳部のタラウマラ族は古タイヤと革ひもだけで作ったサンダル、ワラーチで山道を何時間も走り続ける『走る民族』だそうです。 このワラーチを、普段街中を『歩くためのサンダル』に特化させて、丁寧...

 

 

今何聴いてる?

今日作業中に聞いていたのは、Vulfpeck の『my first car』です。やっぱりいいなぁ…無意識に乗ってしまう。アルバムジャケットのボルボ240かな?もいい感じです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA