真っ赤なヌメ革のほぼ日手帳WEEKSカバーをつくっています

 

page

 

今日は一日ずっと雨でした。舎用車のパンダにカバーをかけて雨露をしのいでいるつもりなんですが、まあ無理でしょうね…。カーポートでもなんでも良いので欲しいです。
さて、A国のAさんの緑のほぼ日手帳カバーとかぶりますが、今日は別件、日本のTさんからのご依頼で、真っ赤なほぼ日手帳カバーをお作りしました。

久々の赤。栃木レザーの赤は本当に鮮やかで綺麗です。ヌメ革を引っ張り出して革包丁でカットします。
1-_1730809_1

 

パーツ類をしっかりと仕上げます。本体には折り目になる部分を革包丁で丁寧に漉いておきます。また、カード挿し部分は切り出した後に、フ糊をガラス板で擦り磨きます。
縫い上げる前にコバ(革の断面)も綺麗にヘチマ磨きです。

 

コバ(革の断面)磨きは、やすり掛けとヘチマ磨きを繰り返していく事によって、断面を滑らかにしていきます。また、くも舎のロゴを打刻します。

 

Tさんご指定の黄のラミー糸でひと目ずつ手縫いします。ラミー糸は天然の苧麻の繊維から出来ている麻糸の一種です。丈夫ですが、絹糸までは行きませんが、上品な光沢があります。
1-_1730898_1

 

とりあえず全て縫い上がりました。あとはコバ(革の断面)の仕上げ作業です。今日はここまで。
1-_1730908_1

 

 

この商品は購入いただけます。

kumosha hand stitched leather note cover hobonichiweeks
【くも舎】ほぼ日手帳WEEKSカバー
  ほぼ日手帳WEEKSカバー 16,200円(税込・送料別)   商品について イタリアン・バケッタレザーを使用した、ほぼ日手帳WEEKSサイズ専用のカ...

 

 

今何聴いてる?

今日作業中に聞いていたのは The Shakin’ Pyramids の 『Celts and Cobras』でした。アルバムは違いますが・・・・

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA