ヌメ革の手縫い長財布ができました

 

page

 

一昨日から制作に取り掛かりました、Iさんの長財布壱型です。
前回の制作過程は下記をご覧ください。

青ひげ改をつくった後、ヌメ革の長財布制作をはじめる
      朝から快晴。少々汗ばむくらいでした。さすが熊谷のお隣だけあって、5月だというのに夏日になるとの事。これから先が思いやられます。 今日は作業の合間に所用がありまして、久...

 

全部生成りの長財布

さて、Iさんのヌメ革の長財布なのですが、すべて生成り。糸まで薄茶。←要は生成りということで、素のヌメ革が楽しめるお財布になります。

切り出したパーツ類の下準備です。コバ(革の断面)を綺麗に磨き上げておきます。薄いパーツも漏れなく磨きます。コバ(革の断面)を磨き終わったら、床(革の裏面)面の磨きです。フ糊とガラス板で磨きます。生成りのヌメ革は汚れやシミが付きやすく、作業中はとても気を使います。

 

パーツ類仕上がりました!これから一気に手縫いの準備作業です。
1-_1750010_1

 

作業が大変で写真を端折ってますが、カードポケット部分の制作です。いつもの写真ですが、ポケット中央部の力がかかる部分に極薄の豚革のパッチを当てています。
1-_1750012_1

 

薄茶の麻糸でカードポケット部分を手縫いしていきます。これでパーツが全部で3つになりました。

 

ぐるりと四方を手縫いしていきます。手縫いでひと目ずつ縫い上げていくのは時間がかかります。縫い目が整っているか常にチェックしながら、糸を引くテンションを意識しながら縫っています。
1-_1750020_1

 

縫い上がりました!あとはコバ(革の断面)磨きだけですね!あと一息です。
1-_1750024_1

 

まずは合わせた革のコバ(革の断面)を革包丁で整えてから、ヘリを落とし、やすり掛けとヘチマ磨きを繰り返してコバ(革の断面)を仕上げていきます。

 

すべて生成りのヌメ革長財布の完成です。

生成りのヌメ革は使い込むほどに飴色に変化していきます。どんなふうに経年変化していくのか、とても楽しみなお財布です。
小さな画像もクリックすると大きく開きます。
longwallet1-42


 

 

この商品は購入いただけます。

【くも舎】長財布1型
長財布1型 23,760円(税込・送料別)   商品について カードが6枚に、お札入が2か所のシンプルで薄い長財布です。   つくりについて 皮革:植物タ...

 

 

今何聴いてる?

今日作業中に聞いていたのは最近はまっている Com Truise コム・トゥルーズ の 『Fairlight』でした。80年代のゆったりしたマイコンサウンドが心地よくてたまりません。Amazonプライムで絶賛解放中です。ついこないだ知ったのですが、昔よく聴いていたDMX KREWもニューアルバムを出したそうです。こちらはよりダンス色の強いエレクトロですが、また聴きたくなってきました。
 
映像の途中でギャバン?が出てきます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA