ヌメ革の耳つきカバンが完成しました

 

page

 

引き続き今日もOさんの耳つきカバンを制作しています。

これまでの制作過程は下記をご覧ください。

ヌメ革の耳つきカバンを手縫いする
    今日は昨日までと一転して雨でした。あ、またパンダにカバーするの忘れた…。午前中事務作業を済ませてから次なる制作へ。Oさんの耳つきカバンをつくります。 栃木レザーのオイルヌメ。...

 

耳のパーツを本体に縫い付け…
1-_1750268_1

 

とりあえず両側つきました。これでなんとなくカバンの体をなしてきました。
1-_1750271_1

 

縫い上がったら、コバ(革の断面)を磨きましょう。まずはいつもの危ない革包丁のつかい方。合わせ目の微妙なずれを削って均します。均した後で、コバ(革の断面)のヘリ落とし。

 

紙やすり、ヘチマ磨きを繰り返しながら、コバ(革の断面)をつるりと磨き上げていきます。
1-_1750281_1

 

蓋パーツを縫付ます。これもなかなか縫うのは大変です。
1-_1750283_1

 

かぶせ蓋にメインのベルトを縫い付ければ本体の完成!丸く整った形に我ながら惚れ惚れします。
1-_1750285_1

 

本体縫い上がっても、まだまだ大変な作業が待っています。ベルト類のコバ磨きです。ショルダーベルトは長さが150㎝。ハンドバックベルトは長さが50㎝。合計2mのベルトのコバ(革の断面)をひたすら磨き上げます。コバ磨き用の機械等も使ってみましたが、手作業でやるのが一番早くて綺麗に仕上がるのが分かりました。

 

ベルトが出来れば完成です! 小さい画像はクリックすると大きく開きます。
mimi1-34_1
mimi1-29_1

 

今回から耳つきカバンのベルトのループ部分が金属無しのタイプに替わりました。これで革に傷がつきません。



mimi1-36_1
mimi1-35_1

 

 

この商品は購入いただけます

【くも舎】耳つきカバン―ベルトつき
  耳つきカバン ベルト付 43,200円(税込・送料別)   商品について 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、横長の小さなバッグです。サイズは一般的...

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA