歩くためのサンダル。ワラーチ3をつくる

 

page

 

ここの所北埼玉は順調に暑くなってきています。発送の手配をした帰り道、少しだけベスパで寄り道。風が気持ちいい季節になりました。

 

仕事がえりに。

@fiatrusticaが投稿した写真 –

 

ちょっと日にちがずれてしまいましたが、ワラーチを急ピッチで作っています。足形を書いた革を大まかに切り出しています。
_1750591_1

 

鼻緒をつけて貼りあわせた革を手作業で切り抜いていきます。かなり腕がつかれる作業ですが、綺麗に切り抜けるとスッキリします。
_1750600_1

 

切り抜き完了です!すべてのワラーチが綺麗に切り抜けました。
_1750604_1

 

切り抜いたワラーチのヘリを落として、やすりで側面を仕上げます。

 

取り付ける革紐は手で揉んで柔らかくしておきます。揉む前の革紐(上)揉んだ後の革紐(下)揉みこむと足に結びつけたときに履きやすくなります。
_1750612_1

 

ワラーチの完成です。今日は3足ですが、まだまだワラーチづくり続きます。
_1750616_1

 

 

この商品は購入いただけます。

【くも舎】歩くためのサンダル。ワラーチ3
  メキシコ山岳部のタラウマラ族は古タイヤと革ひもだけで作ったサンダル、ワラーチで山道を何時間も走り続ける『走る民族』だそうです。 このワラーチを、普段街中を『歩くためのサンダル』に特化させて、丁寧...

 

おまけ
ワラーチのセッティング編

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA