ツールロールケースを試作してます

 

page

 

9月に入ってからようやく朝晩の気温が落ち着いてきました。ただ、セミの鳴き声は相変わらずです…。
さて、Mさんからご依頼の特注品ツールロール(仮)を試作しています。ツールロールと言ってますが、巷に良くある工具入れのイメージですね。Мさんの仕事道具であるハサミなどを収納するためのケースになります。
ハサミと櫛(コーム)、ダッカールをすべて格納してくるっと巻いてしまいます。通常シザーケースは腰に巻きつけるものが多いようですが、Мさんは作業台に置いて使用するようです。

イメージ通りにいかないのが革の良いところです。だいたいのイメージが固まったので、実際に試作します。端切れを実寸にカットします。

試作してみると、改善点や気づきが色々と出てきます。最終的にダッカール(クリップのような髪留め)はかさばるので、下向きに挟むのと、ロールした際に一番内側に来るように配置換えをしました。
_1770965_1

こんな感じでほぼ固まりました。左側にコームとダッカールを収納するポケットを配置し、折り代を付けた後ハサミ用のポケットを付けました。
IMG_2469_2

ハサミがかさばりますので、くるくると巻くと言うよりは3つ折りするイメージです。

ダッカールの厚みがある部分は、ハサミの薄い刃先方向と互い違いに綺麗に収まってます。
IMG_2474_2

横に二つ折りして立体的に起こすことで、ハサミなどが取りやすくなります。
IMG_2477_2

さて、上記の仕様でOKが出ましたので、Мさんのツールロール続きはこちらへ。

ツールロール(シザーケース)をつくる
    それでは先日の続き。Mさんのツールロール(シザーケース)を作ります。 試作の様子はこちらからどうぞ 本番の革はイタリア革のミネルバボックスというバケッタレザーです。これ...

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA