オレンジ色の手縫いトートバッグをつくる―本体編―

 

 

今日こそはOさんのトートバッグ本体を仕上げたいところですので、早速作業の準備です。
前回までのお話しはこちらからどうぞ。

オレンジ色の手縫いトートバッグをつくる
    もうすぐ1月が終わってしまいますね。ふり返ってみると、2017年の最初から濃い一か月となりました。舎用車のフィアットパンダ30『トレンタくん』の復活が1月の最高のトピックとなりそうです...

オレンジ色の手縫いトートバッグをつくる―内ポケットと持手編―
    ついに2月がやって来ました。梅の木も蕾がすっかり付いて春に向けて着々と準備が始まっています。本当に月日の流れの早い事早い事…独立してから特に感じます。さて、昨日は仕入の業務がありまして...

オレンジ色の手縫いトートバッグをつくる―オプション類と本体準備編―
    今日は午前中に事務作業がありまして、午後からになりましたが、引き続きOさんのトートバッグ制作です。 前回までのお話しはこちらからどうぞ。 トートバッグ2型とは く...

トートバッグ2型とは

くも舎を代表するバッグがトートバッグ2型になります。トートバッグ2型は、厚くてコシのある植物タンニン鞣しの牛革から、しっかりと麻糸で手縫いしてつくったトートバッグになります。しっかりと手入れをして上品に使用しても、傷、シミなどを気にせずラフな感じに使用しても、使うほどに味わいのあるバッグに育っていきます。


kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
【くも舎】トートバッグ2型
  トートバッグ2型 54,000円~(税込・送料別) 内ポケットなどは別途オプションをご購入ください(オプション一覧は下段をご覧下さい)   商品について 厚手の...

 

本体パーツを縫う

昨日軽く下準備した大きな一枚革の本体パーツに、手縫いのための目打ちとコバ磨きを行います。コバ磨きはしっかりとやすり掛けしてから、ヘチマ磨きで革の繊維を潰して平滑にし、さらに番手の大きなやすりで削って、さらにヘチマ磨き…と繰り返して仕上げます。

本体パーツの側面を縫い始めます。使用しているのは白のラミー糸で、オレンジ色のブッテーロ革に良く合います。

側面は2重にステッチして仕上げていきます。奥に行くほど縫いにくくなっていきますが、手縫いだから問題ありません。縫い上がるとコシの強いブッテーロですから、楕円形に膨らみます。

側面が縫い上がったら、マチの部分を縫います。革が重なる部分は強度を増すため、返し縫して糸を2重にして縫っています。

マチが縫い上がりましたので、革包丁で革を重ねあわせたコバ(革の断面)を平らに均してから、ヘリ落とし、磨き作業と進めて仕上げていきます。

今日の作業をざっとダイジェストでお伝えしましたが、結構作業時間かかってしまいました。今日のところは本体部分完成と言うことで、明日いよいよパーツ類の縫付作業をします。

 

はやく春来ませんかね…

いつもこのブログで言ってますが、北埼玉の困ったな…と思うのが、夏の『無風』と冬の『赤城おろし』です。特に冬はほとんど毎日強烈な北風が吹き荒れます。風の強い日は外出したくなくなってしまい、制作室に籠りきりになることもあります。たまには外に出ないといけないんですけどね…

風が強かったのでパンダと迷うも、ベスパで用事をすませる。

Tetsuya Ishiharaさん(@fiatrustica)が投稿した写真 –

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA