kumosha hand stitched leather bag mimi

ヌメ革の耳つきカバンをつくる―完成編―

 

 

春一番が吹いたようで、気温はぐんぐん上昇しました。今日も相変わらず籠りきりになりますが、少しだけ外出する予定がありましたので、それを楽しみにしながら制作しました。

前回までの過程はこちらです

ヌメ革の耳つきカバンをつくる―下準備編―
    北埼玉は風はやや弱まって晴天になりました。今年は雪っぽい雪も無く、このまま春に突入するんですかね…?こんな日は舎用車トレンタくんで河原まで…と行きたいところですが、ぐっとこらえて制作に...

ヌメ革の耳つきカバンをつくる―手縫い編―
    今日は暖かくて春がやって来たような陽気でした。定番の赤城おろしも無く、外に出るには良い一日です。が!今日も耳つきカバンの制作に専念することにします。 前回までの過程はこちらで...

 

耳つきカバンとは?

くも舎の耳つきカバンは、最上級のヌメ革を使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついていますので、長いベルトをつければショルダーバッグに、短いベルトをつければハンドバッグにもなります。

【くも舎】耳つきカバン―ベルトつき
  【商品について】 くも舎の耳つきカバンは、最上級のヌメ革を使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついています...

 

本体とベルトの仕上げ

昨日まで本体と離れていたかぶせ蓋が、いよいよ本体と合体。ベルト穴を開けてようやく耳つきカバンの形に仕上がりました。

そしてこれからベルトの仕上げです。巾10ミリのベルト約2メートル分のコバ磨きを行います。両側のコバ(革の断面)を合わせると4メートルも手磨きすることになります。うちにはコバ磨き機のような機械がありませんので、やすり掛けとヘチマ磨きをコツコツとやる事になります。これは別に手磨きを自慢してるわけでもなんでもなく、実を言いますとルーターに取り付けるコバ磨き用のビットを昔購入してるのですが、どうしても思ったように仕上がらないのが分ってますので、結局手磨きしているというわけです。磨き終わったベルトを取り付けて完成です!


 

ヌメ革の耳つきカバン完成しました

写真をクリックすると大きく開きます。

kumosha hand stitched leather bag mimi
kumosha hand stitched leather bag mimi

 

この商品は購入いただけます

【くも舎】耳つきカバン―ベルトつき
  【商品について】 くも舎の耳つきカバンは、最上級のヌメ革を使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついています...

 

トレンタくんは快調です。

ひと仕事終えて、ちょっと外出することができました。いつもひと休みする場所へ。帰ってきた空冷パンダのトレンタくんも至って快調です。綺麗になり違和感があり過ぎたバンパーにもだいぶ慣れてきました。

春らしい天気でした

Tetsuya Ishiharaさん(@fiatrustica)がシェアした投稿 –

 

 

くも舎のインスタグラム始めました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA