kumosha hand stitched leather note cover Hobonichi Weeks

ほぼ日手帳WEEKSカバーをつくる

 

 

相変わらずのネイビー人気です。今日はTさんからご依頼のほぼ日手帳WEEKSカバーをお作りしました。

 

ほぼ日手帳WEEKSカバーとは?

イタリアン・バケッタレザーを使用した、ほぼ日手帳WEEKSサイズ専用のカバーです。
(機能その1)ペンホルダーをカバーの端っこに標準装備。ラミーのサファリも余裕で入る大きさです。斜めに切り欠いたペンホルダーはペンの頭が飛び出なくてスッキリです。
(機能その2)内ポケットを標準装備。カードや切符、チケットなどをちょっと挟んでおくのに便利です。色を変えてバリエーションを楽しむことができます。

kumosha hand stitched leather note cover hobonichiweeks
【販売終了】ほぼ日手帳WEEKSカバー
  ほぼ日手帳WEEKSカバー 16,200円(税込・送料別)   リニューアルして販売しております。 商品について イタリアン・バケッタレザー...

ほぼ日手帳WEEKSカバーは、折り曲げる部分の縁のステッチを廃すなど、ちょっとずつブラッシュアップされています。これについては後程。
まずは革の切り出しからスタートです。おや、ちょっと写真の色味が変です。2009年式のライカもどきルミックスGF-1も調べてみると85,000ショット。もうじき寿命かもしれません。

折り曲げる部分は床(革の裏面)面を革包丁で漉きます。水色の数字は、使用しているミネルバリスシオのデシ表示です。これは綺麗に落とします。

カード挿しを仕上げます。床(革の裏面)面はガラス板で磨き上げて、コバ(革の断面)もヘチマで綺麗に磨きます。

手縫いする前に磨けるコバは磨いてしまいます。

ご指定のこげ茶のラミー糸で手縫いしていきます。

縫い上がりました。あとはヘラでポケット部分などをクセ付して、カードや手帳が入りやすいようにします。

革同士を縫い合わせた場合、コバがわずかにズレます。そのずれを革包丁で削って均し、あとはいつものコバ磨きで丸みを持たせていきます。

ほぼ日手帳WEEKSカバーが完成しました。
kumosha hand stitched leather note cover Hobonichi Weeks

 

この商品は購入いただけます

kumosha hand stitched leather note cover hobonichiweeks
【販売終了】ほぼ日手帳WEEKSカバー
  ほぼ日手帳WEEKSカバー 16,200円(税込・送料別)   リニューアルして販売しております。 商品について イタリアン・バケッタレザー...

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.