ワラーチとやわらかいトートバッグをつくる

 

 

ゴールデンウィークも終わりまして、早速営業開始です。今日はSさんのワラーチ3ビブラム底とOさんのやわらかいトートバッグの制作です。

歩くためのサンダル。ワラーチ3とは?

メキシコ山岳部のタラウマラ族が古タイヤと革ひもだけで作ったサンダルを参考に、普段街中を『歩くためのサンダル』に特化させて、丁寧に手作りしたのがくも舎のワラーチ3です。栃木レザーの特厚ベロア革をベースに、手揉みで柔らかくしたカラフルな牛革紐を組み合わせて、足をしっかりホールドします。一本の革紐から生まれる開放感を楽しめます。

【くも舎】歩くためのサンダル。ワラーチ3
  メキシコ山岳部のタラウマラ族は古タイヤと革ひもだけで作ったサンダル、ワラーチで山道を何時間も走り続ける『走る民族』だそうです。 このワラーチを、普段街中を『歩くためのサンダル』に特化させて、丁寧...

まずはワラーチから

厚手の床ベロア革に鼻緒とビブラム底を装着して、大まかにサンダルのベースを作ります。

足型にフリーハンドでくり抜きます。くり抜いたらコバ(革の断面)の角ばった縁の部分を、ビブラム底の方は豆鉋。サンダル上面革の方はヘリ落としで整えます。

後はワイヤーブラシで起毛させてから、空色の革紐を装着すれば完成です。

 

やわらかいトートバッグとは?

オイルを良く含むイタリアのバケッタレザーを使用したシンプルなトートバッグです。使い始めはしっかりしていますが、使い込むほどに艶が出てクタッとやわらかくエイジングしていきます。A4ファイルが横にすっぽり入る大きさになっています。

 

Oさんからご指定でミネルバリスシオのカスターニョを使用したトートバッグを作りたいと思います。まずは革の準備。

どんどん革をカットしていきます。

パーツ類一式の準備は整いました。

後はコバ磨きと手縫いだけの作業となりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA