青ひげ改『銀鼠(ぎんねず)』をつくる

 

 

昨日のお財布に続いて、今日は履き物系という事でKさんからご依頼の青ひげ改『銀鼠(ぎんねず)』を制作しました。

青ひげ改とは?

青ひげ改はキャンバススニーカーの定番『青ひげ』の弱点①かかと部分の破れ②ベロ部分の落ち込みを補うべく、革パーツで使い勝手や補強を施したスペシャル版『青ひげ』です。
青ひげ改開発のお話はこちら

ジャックパーセル(青ひげ)のカスタムをしています
    先ほどのブックカバーに引き続き、ジャックパーセル(青ひげ)のカスタムをしています。新品のジャックパーセルに栃木レザーのパーツを取り付けるわけです。   ジャッ...

【くも舎】青ひげ改
  永遠の定番スニーカー『青ひげ』。真っ白いキャンバスに紺のライン、かかとには青ひげ。この完璧なスニーカーには弱点があります。   弱点1.かかと、かかとの内側が破れやすい 弱点2...

今回お作りするのは青ひげ改の夏季限定版ライトグレーの『銀鼠(ぎんねず)』です。

紺革で補強

早速青ひげのライトグレーを用意します。一見通常の白い青ひげと違いが無いように見えますが、ディテールに違いがあります。まず、ベロがキャンバス1枚で薄く、カカトにある青ひげロゴがプリントではなく、しっかりと刻印されています。そういえばもう一つの限定版『黒ひげ改』も違いがあるんですよね。何で違うのかは不明です。

『銀鼠(ぎんねず)』は革色を生成りと白で設定しておりましたが、K様からのご依頼で紺革でお作りすることになりました。まずは中敷きを外してベロをグイッと前に倒したら、補強の革パーツを切り出して準備します。

ベロが薄いお蔭で針の通りが非常に良いです。しっかりと白のラミー糸でパーツを縫い付けます。

カカトパーツも縫い付けます。いつも通りカカトのカーブに合わせてしっかりと革を合わせます。

青ひげ改『銀鼠(ぎんねず)』紺革バージョンの完成です。

ちなみに、通常の生成りバージョンはこちら

 

真夏になる前に

梅雨なのに暑い日が続きますが、今日は曇りがちでやや涼しめ。配送手配の帰り道にちょっと寄り道です。コンビニで買ったアイスコーヒーを飲みながらしばし休憩です。

久々の寄り道。たまにはいいもんです。

Tetsuya Ishiharaさん(@fiatrustica)がシェアした投稿 –

 

くも舎のインスタグラム始めました

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA