トートバッグ業務型SLをつくる

 

 

今日は雨が降りそうな曇り空。これなら制作室はあまり暑くならないな。と思っていたら、ジメッとして蒸し暑い。今年も冷房のお世話になりました。
快適な環境の中、Tさんからご依頼のトートバッグ業務型SLの制作をいたしました。

トートバッグ業務型SLとは?

トートバッグ業務型SLは、タフな扱いにも耐えられるよう、水・汚れ・傷に強くて柔らかい、クローム鞣しのシュリンクレザーを使用したシンプルなトートバッグです。沢山の道具を放り込めるようマチも大きく、B4ファイルが横にすっぽり入る大きさになっています。

 

シュリンクレザーをカット

綺麗なシボの入ったクローム鞣し、顔料仕上げのシュリンクレザーです。型押しではないので厚みの割にふんわりとした革です。こちらを型紙に合わせてカットしていきます。パーツをすべて切り出します。

先日不調で釜のタイミング調整を終えたジャノメの763号がスムーズに縫い上げていきます。針も新品に交換してるのでサクサク縫えて良いですね。

要所要所は手縫いでしっかりと縫っておきます。マチ、持手の付け根、口の縁。太めのラミー糸をロウ付けして縫います。

 

トートバッグ業務型SL完成しました

通常の植物タンニン鞣し革に比べて柔らかくて、傷、汚れに強く、ちょっとした水にも強いので沢山使ってもらいたいですね。

 

雨が降る前に…

雨が降りそうなときは仕舞い込んでいる舎用車トレンタくん(Fiat panda 30)ですが、やむを得ず出動でした。チョイノリはしたくないので30分そこそこ走らせます。朝だったので鉄剣タローで休憩。

子供を送ったので寄り道して休憩。

Tetsuya Ishiharaさん(@fiatrustica)がシェアした投稿 –

 

くも舎のインスタグラム始めました

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA