黄色いヌメ革の耳つきカバンをつくる

 

2週連続の台風も過ぎ去って、カラリとした好天に恵まれています。と言っても今日も制作室に籠って作業ですので、恩恵は受けられないのですが…。
ただ今Oさんからご依頼の黄色いヌメ革の耳つきカバンをお作りしています。

 

耳つきカバンとは?

くも舎の耳つきカバンは、最上級のヌメ革を使用した横長の小さなバッグです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。カバンの側面には大きな耳がついていますので、長いベルトをつければショルダーバッグに、短いベルトをつければハンドバッグにもなります。

【くも舎】耳つきカバン―ベルトつき
  耳つきカバン ベルト付 43,200円(税込・送料別)   商品について 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、横長の小さなバッグです。サイズは一般的...

 

ブッテーロの黄色

Oさんからのご依頼で黄色のブッテーロを使用することになりました。型紙を当ててカットするためのケガキ線をいれます。ブッテーロはコシのある革ですので、しっかりと研いだ革包丁でどんどんパーツを切り離していきます。

切り離したパーツを組み上げる前にコバ(革の断面)磨きしていきます。鋭利な切り口をヘリ落としでカットして丸みを付けていきます。側面パーツは縁を部分的に漉いておきます。

ヘリ落としが終わったら、やすり掛けとヘチマ磨きのコバ磨きセットを数回繰り返して磨き上げます。ブッテーロは大変コバの磨き甲斐のある革で、数回磨くだけでもピカピカになります。

側面の耳パーツを先に仕上げておいて、パーツの下準備は完了しました。後はそれぞれのパーツを組み上げていくだけです。

 

この商品は購入いただけます

【くも舎】耳つきカバン―ベルトつき
  耳つきカバン ベルト付 43,200円(税込・送料別)   商品について 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、横長の小さなバッグです。サイズは一般的...

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA