紺×黄のコンビな手縫い長財布1型をつくる その2

 

午前中子供の所用がありまして制作進められず、午後より急ぎ制作の続きです。昨日までの制作過程はこちらからどうぞ。

紺×黄のコンビな手縫い長財布1型をつくる
  ここの所少し肌寒い日が続いています。今日は午後から冷たい雨がシトシトと降り、静かな一日です。 先日Sさん、Tさんから長財布1型のご依頼がありました。全く面識のないお二人だと思うのですが、偶然同じタイミン...

 

カーキ色のステッチ

もう一つの長財布はカーキ色ステッチになります。紺の本体革にポケット類を縫い付けていきます。

二つとも縫い上がりました。縫い上がっても終わりではありません。これからコバ磨きを進めます。コバを平らに均してからヘリ落とし、やすり掛けとヘチマ磨きの繰り返しです。コバ磨きは納得のいくまでやりますのでかなりの時間がかかります。ちなみにコバ磨きは色々な手法があります。使用する革の種類によっても磨き方は変わってきます。同じ手縫い製品でも、コバ磨きに職人さんの個性が現れます。

紺×黄のコンビな長財布が2つ完成しました。あとは検品作業と撮影を経てから梱包して発送になります。綺麗な写真は明日公開いたします。


 

雨のドライブ

雨の日はパンダを濡らしたくないのであまり出番はない(雨漏りもありまして…)のですが、子供の用事がありまして渋々出動しました。夏用の硬めなオイルのおかげで若干始動がもたつきましたが、すぐに空冷エンジンは安定したアイドリングになります。雨で肌寒いとはいえ、さすがに暖機時間は短くなりました。4月もあっという間に半ばになりました。やりたい事も沢山残っていてどこか焦り気味ですが、ほんの少し休憩です。

所用で雨のドライブも良いもんです。電気系統が元気になったのも気持ちが良いです。

Tetsuya Ishiharaさん(@fiatrustica)がシェアした投稿 –

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください