青ひげ改をつくる

 

本日は雨ですね。梅雨の季節になりました。
昨日はギリギリ晴れのち曇り予報。所用がありまして、埼玉県上尾市へ。何をしに行ったのかは後程お知らせするとして、ただ今青ひげ改を急ピッチで制作しております。

 

青ひげ改とは?

青ひげ改はキャンバススニーカーの定番『青ひげ(ジャックパーセル)』ジャックパーセルの弱点①かかと部分の破れ②ベロ部分の落ち込みを補うべく、革パーツで使い勝手や補強を施したスペシャル版『青ひげ』です。
青ひげ改開発のお話はこちら

ジャックパーセル(青ひげ)のカスタムをしています
    先ほどのブックカバーに引き続き、ジャックパーセル(青ひげ)のカスタムをしています。新品のジャックパーセルに革パーツを取り付けるわけです。   ジャックパーセル...

【くも舎】青ひげ改
青ひげ改 11,880(税込・送料別)   商品について 永遠の定番スニーカー『青ひげ(ジャックパーセル)』。くも舎の『青ひげ改』は、新品の青ひげに、100%植物タンニンなめしの国産ヌメ...

 

青ひげ改と青ひげ改銀鼠と

ただ今ご注文頂いている、ジャックパーセルカスタムの青ひげ改と青ひげ改『銀鼠(ぎんねず)』の制作をしております。今現在箱はクラフト系の段ボールに完全に切り替わりました。


生成りの革パーツを縫い付けているところです。ここはベロの落ち込みを防ぐ機構です。

ベロのパーツを縫い付けたら、カカトのパーツの縫付です。この加工によって耐久性に難のあるジャックパーセルを長く愛用することができます。

今現在春夏限定の銀鼠(ぎんねず)の制作が多いですね。そんな中、通常版のジャックパーセルもあります。

実は定番の白と銀鼠モデルでは仕様に若干の違いがあります。特にわかりやすいのは踵の青ひげロゴ。白はプリントですが、銀鼠は立体的なロゴになっています。また、ベロと足首周りにも白はクッションが入っていますが、銀鼠にはありません。

 

上尾の用事

なにやら意味の分からない写真だと思いますが、わが舎用車のトレンタくん(Fiat Panda30)の前にしゃがんでいるお二人。某雑誌からの取材をお受けしているところです。よく人から「綺麗なパンダですね」と言われますが、じっくり見られると結構ボロボロだという事が分ると思います。近くで見られると恥ずかしいです。ギリギリ晴れて良かったです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.