はじめにお読みください

ご注文の前に

※ただ今の納期はご注文完了後『2ヶ月』となっております※

完全受注生産

くも舎で使用している革は、商品として完成した瞬間から経年変化をしていきます。つまり『生もの』のようなものです。お客様のお手元に届いた時点から大切に育ててほしいので、あらかじめ商品を事前に制作して在庫したり、店頭に置いたりはいたしません。お客様のご注文があってからおつくりする完全受注生産の形を取っております。

お電話でのご注文はご遠慮ください

インターネットでのご注文のみ承ります。お電話での直接注文はお断りしております。

制作をお断りすることがあります

ご注文後に制作を進めていく事が困難と判断した際は、ご注文をキャンセルとさせていただくことがあります。ご入金済みの場合は全額返金いたしますが、振込手数料はご負担いただきます。

納期について

おつくりする商品によりますが、受注後に材料の仕入れ、手作業となるため、完成までに時間がかかります。先に進めている制作の進行状況や、革の仕入れ状況によっては予定より多少前後する可能性があります。また、制作の効率化の為、予定より早めに制作する場合もあります。いずれにしましても発送手配した時点で発送完了のお知らせをいたします。
※ただ今の納期はご注文完了後『2ヶ月』となっております※

修理について

くも舎の商品は修理して長くお使い頂けるよう、金属でのカシメや接着剤を極力使用せず、革の特性を活かし手縫いによって制作しております。※(並)製品は除く
お使いいただいているうちに、糸のほつれ、糸切れなど、糸に関するお直しがございましたら、無償で修理させて頂きます。送料は別途有償です。※(並)製品は手縫い部分のみ可
革の破れ、持手の交換、補強の追加など、革に関するお直しは、メールなどで現物を拝見してから補修方法のご提案とお見積りをさせて頂きます。
尚、くも舎以外のメーカーの製品に関しましては、お直しをお断りさせて頂きます。

革について

革という素材の魅力

昔から鞄や靴、その他あらゆるものが革という素材でつくられてきました。丈夫で柔軟性があって、美しい革。文明が発達し、革よりも新しい素材がたくさん生まれた現在でも、人を惹きつけます。食肉の副産物として命あるものから生まれた皮が、鞣されることによって腐らずに何十年も革として生き続ける。しかも使うほどに馴染んで魅力が増す。時間を超越した神秘性のある素材です。

革の個性を楽しむ

上記のとおり革は一頭一頭違う牛から生まれた天然の素材です。その為、革によってはシワが多かったり、キズがあったり、シミがあったり、血スジがあったりとその表情は様々で同じものは有りません。さらに、昔ながらの植物タンニン鞣しで作られた革は、傷つきやすく、水が付けばシミになりますし、日光に当たると焼けていきます。これらの事実を欠点とみなせば、革は素材として使い物にならないはずです。しかし、くも舎ではこれこそが同じものが二つとない革の個性であり、ありのままの魅力と考えています。

例えば左下の写真はトラと呼ばれる牛の首から肩にかけてできる模様です。また、右下の写真は傷跡とうっすら入った血スジです。染料で仕上げた革は素材の個性を隠しません。同じ銘柄の革であっても、一枚一枚その表情は違います。

下の写真のように、毛穴、シワ、血スジなどがが入ってしまう事がありますし、傷跡、虫食い跡、さらに染色した色も同じ色でもブレが出ます。
kosei
あまりに目立つ大きな傷やシワなどはなるべく商品の表面に来ないように、革から型取りをいたしますが、100%避けることはできません。これらは革の個性として是非愛着を持って長く愛用してください。

革の種類

くも舎では、基本的に植物タンニン鞣しの牛革を使用しておつくりしています。
商品の特性に合わせて、日本やヨーロッパのタンナーで鞣された上質な革をご提案させて頂きます。ご注文時に革の種類と色を相談させて頂きます。また、ご希望の革によって入荷に1~2ヶ月ほどお時間を頂く事があります。何卒ご了承くださいませ。

革のケアについて

植物タンニン鞣しと言ってもタンナーによって違いがあり、さらに鞣した後の加工方法は千差万別です。そのため革のケア方法も変わります。商品納品の際に、使用した革に一番合ったケア方法をご案内させて頂きます。

糸について

天然の素材には天然の素材を

くも舎では手縫い用の糸として、麻の一種のリネンから出来た手縫い糸を使用しています。(※手縫いの商品に限る)リネン麻糸は大変丈夫で上品で自然な光沢があります。ポリエステルの糸に比べて多少の毛羽立ちが生じますが、自然な植物タンニン鞣し革に相性ぴったりの縫い糸です。

糸の色見本

くも舎の商品は革色のご希望をお聞きすると同時に、縫い糸の色をご指定いただくことが可能です。下記標準色以外にご希望の際はご相談ください。

ご不明な点は、お気軽にお問合せ下さい。
お問合せ

こんな記事も読まれています。

  • ワラーチ3の制作とカメラストラップの下準備 相変わらずのバタバタ続きで思うように作業が進みません。こんなこと言ってても万年バタバタは終わらないかもしれません。ジタバタせずに作業あ […]
  • kumosha hand stitched leather note cover hobonichiweeks【販売終了】ほぼ日手帳WEEKSカバー ほぼ日手帳WEEKSカバー 16,200円(税込・送料別) リニューアルして販売しております。 […]
  • 六花リネン糸に新しい3色が加わります六花リネン糸に新しい3色が加わります 2018年の販売以来好評いただいております、六花リネン糸に新しい3色が加わることになりましたのでお知らせします。 六花リネン […]
  • 革のトートバッグできました 今日も朝から冷たい雨…肌寒くてちょっと外もさびしい感じがしてきました。 パンダで少し出たのですが、こういうちょっと寒い雨の日 […]
  • 刻印を自作しました 刻印作らなきゃ… 事務所つくって革の仕入れしてと開店準備していましたが、大事な刻印が無い事に気がつきました。 刻印とは金属 […]
  • 青ひげ改をつくる クリスマスの今日、Sさん、Mさんからご依頼いただいた青ひげ改の制作を進めました。 青ひげ改とは? 青ひげ改はキャンバススニーカ […]
  • トートバッグ完成まであと少しです 持手の仕上げ 昨日と今日は背中の痙攣に襲われて、連日の猛暑も手伝ってへたってしまいそうです。使いたくはなかったんですが、 […]
  • トラベラーズノートカバーをつくる 2つのトラベラーズノートカバーをつくる 昨日はバタバタ所用がありまして、ブログのアップが出来ませんでした。さて、SさんとIさんか […]

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください