今何してる?

トートバッグ業務型SLをつくる

  日にちが変わりましたが、昨日はトートバッグ業務型SLの制作を行いました。   トートバッグ業務型SLとは? トートバッグ業務型SLは、タフな扱いにも耐えられるよう、水・汚れ・傷に強くて柔らかい、ク …

Read more

紺のMDノートカバー文庫サイズをつくる

  お盆明けから一気に涼しくなりました。そろそろ秋の気配が。 Wさんからご依頼いただいた、ほぼ日手帳カバー1型オリジナルサイズ改め、MDノートカバー文庫サイズの制作を行いました。   ほぼ日手帳オリジ …

Read more

生成りのブックカバー1型文庫サイズをつくる

  連日の猛暑日が続いております。クーラーはフル稼働で、外との温度差がすごくて風邪を引いてしまいそうですが、 さて、今日はYさんからご依頼の生成りの革でつくるブックカバー文庫サイズの制作となりました。 &nbs …

Read more

生成りの手縫いトートバッグ2型が完成しました

  Oさんからご依頼いただいた、生成りのトートバッグ制作が完了しました。   これまでの制作過程はこちら   トートバッグ2型とは? 厚手の植物タンニン鞣し革一枚革と麻糸の手縫いでつくった、 …

Read more

生成りの手縫いトートバッグ2型をつくる(本体の縫つけとパーツの組上げ)

  引き続きOさんからご依頼いただいた、生成りのトートバッグ制作を進めます。   これまでの制作過程はこちら   トートバッグ2型とは? 厚手の植物タンニン鞣し革一枚革と麻糸の手縫いでつくっ …

Read more

生成りの手縫いトートバッグ2型をつくる(内ポケットと本体の手縫い)

  引き続きOさんからご依頼いただいた、生成りのトートバッグ制作を進めます。   これまでの制作過程はこちら   トートバッグ2型とは? 厚手の植物タンニン鞣し革一枚革と麻糸の手縫いでつくっ …

Read more

生成りの手縫いトートバッグ2型をつくる(裁断と持手の手縫い)

  今日よりOさんからご依頼いただいた、生成りのトートバッグ制作を進めます。   トートバッグ2型とは? 厚手の植物タンニン鞣し革一枚革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立するシンプルなトートバッ …

Read more

2代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーをつくる

  気温の変動が激しい為か7月に入ってからすこぶる体調が悪く、病院通いと断酒の開始など人生最大のトピックの多い月となりました。そうこうしているうちに7月も終わりそうです。 一昨日浅草・浅草橋エリアの革屋さんを見 …

Read more

生成りのカメラストラップ2型をつくる

  海の日からNさんからご依頼の生成り革のカメラストラップ2型を制作しました。   カメラストラップ2型とは? 繊維が密で強靭なイタリア産のベルト用革(ブッテーロ)を使用することで、ストラップ自体の幅 …

Read more

生成りのブックカバー1型文庫サイズをつくる

  涼しい日が続いていますね。今日もエアコンなしで作業できて快適でした。 さて、今日はYさんからご依頼の生成りの革でつくるブックカバー文庫サイズの制作となりました。   ブックカバー1型文庫サイズとは …

Read more

コニャックと生成りの長財布2型が完成しました

  引き続きTさんからご依頼の長財布2型が完成いたしました。 制作過程はこちら   長財布2型とは? カードが6枚に、お札入が3か所、大き目のコインケース一か所のいたってシンプルな長財布です。コインを …

Read more

コニャックと生成りの長財布2型をつくる

  あっという間に7月になりました。天気予報はずっと雨。今年は梅雨が長そうですね。現在塩漬けている梅干しにもそろそろ紫蘇を入れようかと思っています。 さて、今日からTさんからご依頼の長財布2型の制作をスタートい …

Read more

紺の耳つき手さげカバンが完成しました

  先日より制作していたTさんの耳つき手さげカバンの検品を終え、本日撮影完了となりました。 これまでの制作経緯はこちら   耳つき手さげカバンとは? 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、 …

Read more

紺の耳つき手さげカバンをつくる(本体組み上げ)

  今日も引き続きTさんご依頼の紺の耳付き手さげカバンの制作を進めました。 これまでの制作経緯はこちら   耳つき手さげカバンとは? 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、横長の小さな手さ …

Read more

紺の耳つき手さげカバンをつくる(パーツの手縫い)

  今日も引き続きTさんからご依頼いただいた紺の耳つき手さげカバン特注サイズの制作を進めていきます。 これまでの制作経緯はこちら   耳つき手さげカバンとは? 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いで …

Read more