青ひげ(特)をあらう

page

天気の良い日はスニーカーを洗おう

夏が近づいて来ました。真っ白なキャンバススニーカーが活躍する季節です。白いキャンバススニーカーと言えば、コンバースの『青ひげ』ことジャックパーセルです。
青ひげの弱点はズバリ、『かかと』と『汚れ』なのです。これは何足も履きつぶしてきた経験に寄るものです。汚れに関しては洗えば済む話なのですが、『かかと』すなわち履き口が破れてくるのです。こればかりはどうしようも有りません。学生の頃からジャックパーセル好きで、2年くらいのペースで履きつぶしては新調していましたが、よく考えるともったいないなぁ・・・と思い、ヌメ革を使って補修することにしました。


以前、イタリア海軍スニーカーで補修した技術を元にしてヌメ革を使って補修しました。真っ白いキャンバス生地と生成りのヌメ革が合うんでないかと…

 

ちょっと黄ばんだらお酢の力

kumosha's jackpurcell custom
ジャックパーセルは普通に洗うと100%黄ばみます。だから、私はブラシでゴシゴシと洗った後にお酢に漬け込み漂白して、しっかりと天日で干してます。しかし、ヌメ革の天敵『水』と『直射日光』大丈夫なの???当然そういう疑問がでますよね。でも案外大丈夫なんです。私はあえて水洗い、天日干しをします。

詳しい洗い方はこちらへどうぞ


 

カラカラになったヌメ革にデリケートクリームを


本当は革がカラカラに乾いてしまう前にメンテナンスするのが、革にとっては一番ですが、ズボラな私は天日干しでヌメ革はカラカラに乾いてしまいます。乾いた革には水分と脂分を補給してあげています。使用しているのは乳液状のデリケートクリームです。

kumosha's jackpurcell custom
かれこれ2回ほど洗っていますが、しっかりと革のケアをしていれば大丈夫です。

kumosha's jackpurcell custom
kumosha's jackpurcell custom
kumosha's jackpurcell custom
いや~青ひげカッコいいですね。

ジャックパーセル。まだ綺麗なのに『かかと』が破れて泣く泣く手放す方。せっかくだから補修しましょう。

 

青ひげ改を販売することにしました

自分で補修は無理!と言う方は是非ご検討ください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください