今何してる?

トラベラーズノートカバー1型とフィアットパンダキーレスリモコンカバーをつくる

すっかり春の陽気…と思ってましたが、今日はどんより曇り空、お昼くらいからシトシト雨が降ってきました。今週は少しまた冷え込むそうで、春はあともう少しと言ったところでしょうか。
今日はバラエティに富んだ製品の制作を行っておりました。Tさんのトラベラーズノートカバ―1型とKさん、Sさんからそれぞれご依頼のフィアットパンダキーレスリモコンカバーです。

トラベラーズノートカバー1型とは?

トラベラーズノート用のノートカバーです。植物タンニン鞣し革にラミー糸で手縫いを施したシンプルなつくり。太めのペンもしっかり収納できます。パスポートを差し込む事が出来ます。
ゴム紐つきで挟めるリフィルが増やせます。カバーのバインドも可能です。

生成りのトラベラーズノートカバー1型レギュラーサイズをつくる

早速制作していきましょう。使用する革はお馴染みのミネルバリスシオ。色はボーネになります。革包丁でカットして目打ち、打刻を施して手縫いしていきます。


トラベラーズノートカバーが完成しました


私が半年間使用している、ミネルバリスシオボーネと並べてみました。ノーメンテナンスでこんな感じでエイジングが進んでいきます。カバンの中で擦れた時の傷なども味わいのひとつです。

フィアットパンダキーレスリモコンカバーをつくる

さて、お次はキーレスリモコンカバーの制作です。

2代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーとは?

今日作るリモコンカバーは2代目フィアットパンダのキーレスリモコン問題を解決するために開発しました。

リモコンの付け根のプラスチック部分が折れやすいので、折れてしまうとどうしようもなくなってしまうのです。

キャメルと緑のパンダキーレスリモコンカバーをつくる

栃木レザーのキャメルの革と緑の革からパーツを切り出し、穴あけ、目打ちを施します。


キャメルの革には青、緑の革には黄の麻糸を使って丁寧に縫い上げます。最後にコバ磨き等の仕上げ作業を行えば完成になります。


2代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーの完成です


チロルチョコってデザインできるんですね

いつもお世話になっている浅原皮漉所さんより、オリジナルデザインのチロルチョコを頂きました。小さな制作所のオーダーにも細やかに対応頂き本当に助かっています。

梅はもう八部咲きです。週末はスカッと晴れてポカポカでした。まだ蚊は出ていませんので、娘は庭で花摘みを楽しんでいる様です。なかなか生け花のセンスあります。

こんな記事も読まれています。