黒い棒つき手さげカバンをつくる―手縫いと仕上げ―

 

引き続きWさんの黒い棒つき手さげカバンを進めています。
これまでの制作過程はこちらからどうぞ

黒い棒つき手さげカバンの制作を開始しました
  耳つきカバンの制作が終わりまして、すぐにWさんからご依頼の黒い棒つき手さげカバンの制作を開始します。   棒つき手さげカバンA3とは? 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった...

黒い棒つき手さげカバンをつくる―下準備―
  先週から引き続きWさんからご依頼いただいた、黒い棒つき手さげカバンを作っています。   棒つき手さげカバンA3とは? 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立す...

 

棒つき手さげカバンA3とは?

厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立するシンプルなハンドバッグです。持手は家具などにも使用されるチークの無垢材を使用しています。A3サイズの書類などがすっぽりと入ります。無駄な飾りの無い素朴なハンドバッグです。


【くも舎】棒つき手さげカバンA3
  棒つき手さげカバンA3 87,000円(税込・送料別)   商品について 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立するシンプルなハンド...

 

マチを縫い付ける

大きな本体の革にマチのパーツを縫い付けていきます。ぐるりと縫うと、片側約1メートル50㎝。両側で3メートルもの長さの手縫いになります。
立体的なものですので、ウマに架けられません。平置きで縫い目を横から見ながらひと目ずつ縫っていきます。ゴールを目指すと気が遠くなりますので、音楽を聞きながらひたすら目の前の縫い目を追っていきます。

底の部分が大体縫い上がれば自立するので、立てて縫うなど工夫します。

 

コバを仕上げる

全ての手縫いが仕上がりましたら、最後の仕上げ『コバ磨き』です。2枚の革を縫い合わせたコバ(革の断面)は若干ズレが生じますので、綺麗に均します。今回はコシのある革なので、豆鉋が役に立ちます。

コバが整ったら、ヘリ落とし→やすり掛け→ヘチマ磨きを繰り返し、少しずつコバに丸みを付けて磨きます。完成まであと少しですが気を抜かずに…


棒つき手さげカバンが完成しました

ようやく黒い棒つき手さげカバンにチークの持手をセットして、ベルトを取り付ければ完成になります。


明日検品後写真撮影をして発送させて頂きます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください