紺色の長財布とコインケースの縫い直しをしました

3年前におつくりしたHさんの長財布とコインケース。糸切れなどは全くないですが、糸の色を変更したいとの事で、くも舎に里帰りしてきました。
ちなみに、3年前の制作当時の記事がこちらです。

3年経った長財布とコインケース

送って頂いた長財布とコインケースは、多少の傷やへこみはあるものの、革の痛みなども無く、紺色は深みを増していました。大切に使って頂けているようで嬉しくなります。作った当時は黄色いラミー糸でステッチしておりました。


糸替え開始

全ての糸を丁寧に解いてパーツを分解していきます。

手縫いしていく前に磨けるコバ(革の断面)をヤスリ掛けし、ヘチマで磨き上げます。黒ずんだ部分も綺麗になります。

Hさんからのご依頼でステッチを白に変更して、新しく縫い直します。糸はリニューアルしたリネン麻糸になります。


全て縫い上がりました。新しいステッチも気持ちが良いものですね!最後にコバを磨いて仕上げます。


長財布とコインケースが完成しました





こんな記事も読まれています。


コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください