オレンジ色の手縫いトートバッグ2型をつくる(仕上げ)

 

引き続きOさんのトートバッグ2型の制作を進めております。今日各パーツの縫い付けと仕上げをする予定です。
これまでの制作経緯はこちら




 

トートバッグ2型とは?

厚手の植物タンニン鞣し革一枚革と麻糸の手縫いでつくった、しっかりと自立するシンプルなトートバッグです。肩にもかけられる長さの持ち手は丸みを帯びた筒状にして手縫いしましたので、手に持った時の指へのアタリがソフトでしっかりした印象を与えてくれます。

kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
kumosha hand stitched leather tote bag "Orange"
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 

パーツを縫い付ける

持手と内ポケット類を本体に縫い付けていきます。カバンをウマにかけることはできませんので、ちょっとした工夫が必要です。

全てのパーツが縫いあがりますとトートバッグ2型が出現します。この瞬間が気持ちいいですね。

各部のチェックを行います。新品のトートバッグ2型は隅々まで綺麗ですよ。


最後の締めくくりはベルトの制作です。

明日撮影して梱包してから発送になります。

 

 

つづきはこちら

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください