青い手縫いの長財布1型をつくる

 

製作所のまわりの田んぼに水が入りました。まもなく田植えの時期です。ちょうどこんなタイミングで夜に吉見の方までベスパで走ると、空を飛んでいる気分になれます。
夜は蛙の大合唱も始まりました。こんな感じで1年の早さを知ることになります。
今日はGさんからご依頼いただいた長財布1型とコインケース2型の制作に取り掛からせて頂きました。まずは長財布1型の制作からです。

 

長財布1型とは?

カードが6枚に、お札入が2か所のシンプルな手縫の長財布です。



 

青い革とリネン糸

毎回制作スタートは革のパーツ切り出しから始めます。抜型から取り出せば早いですが、そんな設備もありませんので型紙からケガキ線を入れて、革包丁で抜き出します。まあ、私のような小ロット受注生産であれば問題ないです。

パーツ切り出し完了しました。今回は長財布とコインケース一緒に切り出しました。

くも舎の刻印をプレス機で入れて、組み上げ前のコバ磨きです。

カード挿しパーツを最初に仕上げました。ステッチは六花リネン糸の05薄茶になります。

今日はここまで。明日全体を組み上げてコバを仕上げれば完成になります。

 

今週末は浜名湖へ

毎年恒例のパンダリーノが今週末浜名湖で開催されます。2008年からスタートしたイベントで、今回で11回目。今年ものんびりと向かおうと思います。

この投稿をInstagramで見る

ボヘミアンなアカバネさんのパンダ旅も今年で見納め。星を見ながら美味い酒を酌み交わしたいと思います。

Tetsuya Ishiharaさん(@fiatrustica)がシェアした投稿 –

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください