うで輪1型1連をつくる

 

6月が始まりました。本当に早いですね。製作所の周りの田んぼはほぼ田植えが終わりました。夜は水面が鏡のようになってなかなか綺麗ですよ。
今日は午前中に六花リネン糸関連の発注作業や、たまった事務作業に追われました。午後からTさんからご依頼のうで輪の制作となりました。

 

うで輪1型とは?

細身のイタリアン・バケッタレザーの革紐を使用したシンプルな腕輪です。色の違う革同士を手縫いでつなぎました。金具を一切使用せず腕に固定します。


 

リスシオのボーネ(生成り)とネロ(黒)の漉きを行っていない、オリジナルの厚みの革紐を用意します。バケッタレザーのいい香りがします。
この紐に穴あけして、六花リネン糸の黒糸でステッチします。

うで輪の輪っかが完成しました。

革の切り返し部分は革包丁で斜めにカットしておきます。

こんな感じで革をつなぎます。こちらも六花リネン糸の黒ステッチ。

うで輪の端をカットしたら、梱包して完成となります。

うで輪1型の留め方

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください