キャメルの耳つき手さげカバンをつくる(本体の組上げ)

 

今日も引き続きKさんからご依頼いただいたキャメルの耳つき手さげカバンの制作を進めます。

これまでの制作経緯はこちら


 

耳つき手さげカバンとは?

厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、横長の小さな手さげカバンです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。


 

パーツ類の組上げ

昨日までコツコツ作っていたパーツ類を組合せて完成に持っていきましょう。マチパーツにカバンの表裏を縫い付けます。するとバケツみたいなカバンができます。流石にイタリアンハードなのでカッチリとした出来栄えです。この本体にかぶせ蓋を組み付けます。こちらも手縫いになります。手縫いに集中しすぎたので写真が少なくてすみません。


キャメルの耳つき手さげカバンが完成しました

とりあえず完成いたしました。明日商品撮影して発送させて頂きます。


 

完成写真はこちらへ

レザークラフト用手縫いロウ引きリネン麻糸『六花』在庫拡充しております

発売から約1周年となり、おかげさまで好評を頂いている、レザークラフト用の手縫いロウ引き済みリネン糸の『六花』。くも舎ではお待たせしないように在庫の拡充を進めております。
0.3mm 0.4mm 0.5mm 0.6mm 各4サイズ すべてのサイズで1週間以内の発送が可能になりました。※注文状況によって在庫が切れた場合はご了承ください。
詳しい糸の説明に関しましては下記リンクを御覧ください。

ご注文は下記でどうぞ。






 

この投稿をInstagramで見る

六花ロウ引きリネン麻糸が台湾から沢山届きました。0.3/0.4/0.5/0.6mm全ての色がほぼ一週間以内の納品可能となりました。

Kumosha(@kumosha_official)がシェアした投稿 –

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください