赤いショルダーバッグ業務型SL特注品をつくる(パーツ組上げ)

 

引き続きTさんからご依頼いただいたショルダーバッグ業務型SLの特注品の製作です。前回までの制作過程はこちらです。

 

かばん本体の製作

業務型SLはシュリンクレザーを内縫いで仕上げるタイプのカバンです。大体の部分はジャノメ763で、マチの部分や内ポケットの縁など力のかかる部分は麻糸での手縫いをしています。あくまでも業務用ですので強度を優先しています。カバンの底は2重にミシンをかけます。それらの作業が終わったらカバンの本体とショルダーベルトがそれぞれ完成となります。


パーツの組上げ

ショルダーベルトと本体の縫い付けをイメージして目打ちを行い、手縫いで組上げていきます。


幅8cmもあるショルダーベルトが本体と組み上がりました。赤いショルダーバッグ業務型SLが出来上がった瞬間です。出来上がって思った感想が「でかい!」でした。でかいんですが、思ったほど重量は行かず「0.89kg」と1kgを大幅に下回りました。内ポケットを直接本体に縫ったことや裏地を使わなかったことが功を奏したようです。短くて幅広のショルダーベルトも肩にかかる重量をうまく逃しているような気がします。


明日撮影してから納品となります。

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください