青い耳つき手さげカバンが完成しました

引き続きIさんの耳つき手さげカバンの制作をしました。
前回までの制作過程はこちら

青い耳つき手さげカバンをつくる(パーツの切り出し)

青い耳つき手さげカバンをつくる(持ち手の手縫い)

青い耳つき手さげカバンをつくる(各パーツの仕上)

耳つき手さげカバンとは?

厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、横長の小さな手さげカバンです。サイズは一般的な長財布や文庫本、携帯電話などが入る大きさです。

制作過程

カバン本体の手縫い作業です。マチのパーツを立体的に仕上げていくと箱のような形ができ上がります。

手縫いした合わせ面のコバ(革の断面)を綺麗に仕上げます。ヘリ落とし→やすり掛け→ヘチマ磨きを何回か繰り返して滑らかなコバにしていきます。コバが仕上がったら最後にかぶせ蓋の縫い付けを行います。

 

青い耳つき手さげカバンが完成しました

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください