旅と生活 くも舎

生成りのカメラストラップ2型をつくる

  海の日からNさんからご依頼の生成り革のカメラストラップ2型を制作しました。   カメラストラップ2型とは? 繊維が密で強靭なイタリア産のベルト用革(ブッテーロ)を使用することで、ストラップ自体の幅 …

Read more

生成りのブックカバー1型文庫サイズをつくる

  涼しい日が続いていますね。今日もエアコンなしで作業できて快適でした。 さて、今日はYさんからご依頼の生成りの革でつくるブックカバー文庫サイズの制作となりました。   ブックカバー1型文庫サイズとは …

Read more

コニャックと生成りの長財布2型が完成しました

  引き続きTさんからご依頼の長財布2型が完成いたしました。 制作過程はこちら   長財布2型とは? カードが6枚に、お札入が3か所、大き目のコインケース一か所のいたってシンプルな長財布です。コインを …

Read more

コニャックと生成りの長財布2型をつくる

  あっという間に7月になりました。天気予報はずっと雨。今年は梅雨が長そうですね。現在塩漬けている梅干しにもそろそろ紫蘇を入れようかと思っています。 さて、今日からTさんからご依頼の長財布2型の制作をスタートい …

Read more

紺の耳つき手さげカバンが完成しました

  先日より制作していたTさんの耳つき手さげカバンの検品を終え、本日撮影完了となりました。 これまでの制作経緯はこちら   耳つき手さげカバンとは? 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、 …

Read more

紺の耳つき手さげカバンをつくる(本体組み上げ)

  今日も引き続きTさんご依頼の紺の耳付き手さげカバンの制作を進めました。 これまでの制作経緯はこちら   耳つき手さげカバンとは? 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いでつくった、横長の小さな手さ …

Read more

紺の耳つき手さげカバンをつくる(パーツの手縫い)

  今日も引き続きTさんからご依頼いただいた紺の耳つき手さげカバン特注サイズの制作を進めていきます。 これまでの制作経緯はこちら   耳つき手さげカバンとは? 厚手の植物タンニン鞣し革と麻糸の手縫いで …

Read more

紺の耳つき手さげカバンをつくる(持ち手を縫う)

  二日連続の晴天でしたね。明日からの雨予報がありましたので、洗濯物と布団干しがはかどります。今日も引き続きTさんからご依頼いただいた紺の耳つき手さげカバン特注サイズの制作を進めていきます。 これまでの制作経緯 …

Read more

紺の耳つき手さげカバンをつくる(パーツ切出し)

  梅雨の合間の晴れ間。久々に夏のような晴天となりました。本日午前中は事務作業となり、午後よりTさんからご依頼いただいた耳つき手さげカバン特注サイズの制作に取り掛かりました。   耳つき手さげカバンと …

Read more

赤い2代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーをつくる

  今日はSさんからご依頼いただいたフィアットパンダキーレスリモコンカバーを制作いたしました。 2代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーとは? 今日作るリモコンカバーは2代目フィアットパンダのキーレスリモコ …

Read more

黒いカメラストラップ3型をつくる

  今日からNさん、Kさんからご依頼いただいたカメラストラップ3型の制作をスタートしました。   カメラストラップ3型とは? カメラストラップとカメラコネクター2個のスターターキットです。繊維が密なベ …

Read more

キャメルのカメラストラップとネイビーのブックカバー完成しました

  昨日から制作しておりましたIさんのカメラストラップとブックカバーが完成いたしました 制作過程はこちら   カメラストラップ2型とは? 繊維が密で強靭なイタリア産のベルト用革(ブッテーロ)を使用する …

Read more

六花手縫いリネン糸に涼やかな新色登場です

  くも舎で販売している台湾のレザークラフト用リネン糸『六花』に新色が登場しました。 これで全55色になりました。 新色のご紹介 49 白藍(しらあい)dull lavender   54 珊瑚(さん …

Read more

キャメルのカメラストラップ2型とブックカバーをつくる

  今日はIさんからご依頼いただいたカメラストラップとブックカバーの制作を進めました。   カメラストラップ2型とは? 繊維が密で強靭なイタリア産のベルト用革(ブッテーロ)を使用することで、ストラップ …

Read more

制作のための準備も制作です

  日々ブログでくも舎の情報を発信しながら 5年の歳月が流れました。最近はもっぱら制作続きで『今何してる』のカテゴリーがほぼメインのコンテンツとなっています。 そういえば読み物としてパッとした記事が書けてないな …

Read more