ワラーチクラシックをつくる

今日はHさんからご依頼のワラーチクラシックの制作をいたしました。

ワラーチクラシックとは?

メキシコ山岳部のタラウマラ族が古タイヤと革ひもだけで作ったサンダルを参考に、普段街中を『歩くためのサンダル』に特化させて、丁寧に手作りしたのがくも舎のワラーチです。牛革紐1本で足をしっかりホールドします。一本の革紐から生まれる開放感を楽しめます。

制作過程

生成りベースでの制作になります。ビブラム底仕様となりますので、革とビブラムソールを切り出して、革ひもとソールの貼り合わせから穴あけを行います。

革とソールを手作業で切り抜きします。曲線と切口のエッジが綺麗に仕上がります。

サイズは22となります。

ワラーチクラシックが完成しました

ワラーチクラシックの紐のセッティング方法

ワラーチが届いたら、最初に行う基本的な紐のセッティング方法です。

ワラーチクラシックの履き方

基本セッティングが済んでしまえば、履くのは簡単です。基本セッティング済みのワラーチクラシックの履き方です。

ワラーチクラシック脱ぎ方

基本セッティング済みのワラーチクラシックを脱ぐ方法です。次回履くのも簡単になります。

 

 

こんな記事も読まれています。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください