2代目フィアットパンダキーレスカバーと青ひげ改をつくる

 

ゴールデンウィークがあっという間に終わりました。これから益々暑くなってきますね。
Yさんからご依頼のフィアットパンダキーレスカバーと、Oさん、Tさんからご依頼の青ひげ改を制作しました。

2代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーとは?

今日作るリモコンカバーは2代目フィアットパンダのキーレスリモコン問題を解決するために開発しました。

リモコンの付け根のプラスチック部分が折れやすいので、折れてしまうとどうしようもなくなってしまうのです。

 

 

赤茶のカバーをつくる

使用するのは栃木レザーの赤茶になります。型から切り出して穴あけなどの下準備をしておきます。

リネン糸で手縫いしてコバ(革の断面)を磨き上げれば本体部分は完成になります。


 

次は青ひげ改の制作です。

青ひげ改とは?

青ひげ改はキャンバススニーカーの定番『青ひげ(ジャックパーセル)』ジャックパーセルの弱点①かかと部分の破れ②ベロ部分の落ち込みを補うべく、革パーツで使い勝手や補強を施したスペシャル版『青ひげ』です。
青ひげ改開発のお話はこちら


 

青ひげ改と青ひげ改『銀鼠』をつくる

今回は通常モデルの白キャンバスのジャックパーセルと、ライトグレ―なジャックパーセルを用意します。それぞれ縫い付ける革パーツの色が違います。

白キャンバスには白革、銀鼠には生成りの革パーツを縫い付けます。

青ひげ改と青ひげ改『銀鼠』が完成しました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください