2代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーをつくる

 

12月も目まぐるしいスピードで過ぎていきます。仕入れや事務作業等の業務で大忙しです。だからといって人を雇うような甲斐性は無く、結局一人で全部やります。
今日はMさんからご依頼いただいた、フィアットパンダキーレスリモコンカバーの制作を行いました。

 

2代目フィアットパンダキーレスリモコンカバーとは?

今日作るリモコンカバーは2代目フィアットパンダのキーレスリモコン問題を解決するために開発しました。

リモコンの付け根のプラスチック部分が折れやすいので、折れてしまうとどうしようもなくなってしまうのです。

 

生成りヴィンテージと朱色のステッチ

Mさんからのご希望で生成りヴィンテージの革に朱色のステッチを入れます。生成りヴィンテージは、半年くらい経年変化したようなエイジング加工を手作業で行ったものです。色味が少し飴色になって銀面も艶感がアップしています。こちらの革に目打ちや穴あけ加工を施して、六花リネン糸の朱色でステッチします。


コバ磨きは革と革の合わせ目をきれいに整える作業で、カンナがけの後にヘリ落とし、ヤスリがけをしてヘチマで磨きます。

 

フィアットパンダキーレスリモコンカバーの完成です

 

もう冬なんですかね

昨日からなんとなく寒さが和らいでいる気がしますが、カレンダーを見ると12月ももうすぐで半ば。あっという間に2020年を迎えそうです。

この投稿をInstagramで見る

水曜日は足柄へ。すごく楽しみ…

fiatrustica(@fiatrustica)がシェアした投稿 –

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください