生成りと紺のブックカバーをつくる

ブックカバーが続きます。
今日はSさん、Kさんからご依頼いただいたブックカバー1型と2型の制作を行いました。

 

ブックカバー1型とは

文庫本用ブックカバーです。植物タンニン鞣し革に麻糸で手縫いを施したシンプルなつくりです。本の厚みにあわせて調整可能です。

ブックカバー2型とは

植物タンニン鞣し革に麻糸で手縫いを施したシンプルなつくりです。差込部にステッチを入れることで、ブックカバー1型をよりスマートに、本を読みやすく進化させました。

制作過程

イタリアンソフトのをカットして、くも舎刻印、目打ち、軽いコバ磨きを済ませておきます。

手縫いは六花リネン糸で。紺は19紺、生成りは01黒です。

最後に軽いコバ仕上げ(揃える程度)とヘラで本を入れやすくクセ付けして完成です。

ブックカバーが完成しました

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください