うで輪とカードケース3型をつくる

 

今日はMさんからご依頼いただいた、うで輪とカードケース3型の制作です。

うで輪1型とは?

細身のイタリアン・バケッタレザーの革紐を使用したシンプルな腕輪です。色の違う革同士を手縫いでつなぎました。金具を一切使用せず腕に固定します。

カードケース3型とは?

名刺などのカード入れが3か所のいたってシンプルなカードケースです。

制作過程

うで輪1型は前回すでに制作済みですので、カードケース3型をお作りします。

今回ご指定の革はイタリアンソフトのネロ(黒)になります。革をカットして刻印を打刻します。磨けるコバは先に磨いておきます。

 

パーツの下準備が完了しました。六花リネン糸46瑠璃で手縫いします。

 

全てのステッチが終了しましたので、最後にコバ(革の断面)磨きで仕上げれば完成となります。

うで輪とカードケース3型が完成しました

 

うで輪1型の留め方

うで輪を腕に巻いてから(2連なら2巻き、3連なら3巻き)最後に輪っかと革の先端を結び付けます。長いようなら適当な長さにカットしてください。

 

こんな記事も読まれています。


コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください